【特定】山上容疑者が手紙を送ったブログ主は誰?米本和宏か?山陰地方のフリーライーター家庭連合批判ブログ運営

ニュース

安倍晋三元首相(67)の銃撃事件で、山上徹也容疑者が事件前に安倍さんの殺害を示唆する手紙を送っていたことがわかりました。

送った相手は、統一教会を批判するブログを運営する山陰地方のフリーライターの男性です。

そのブログとはどんな内容だったのでしょうか?

スポンサーリンク

山上容疑者が送った「安倍元首相殺害予告」手紙

山上容疑者は、岡山市内から中国地方に住む男性(統一教会を批判するブログを運営)に安倍さんを殺害する旨を記載した手紙を送っていたことがわかりました。

こちらがその手紙です。

山上徹也容疑者が送ったとみられる安倍元首相の殺害を示唆する手紙の写し(画像の一部を加工)出典:東京新聞

手紙はA4判1枚で、手書きではなく印字したものだったそう。

差出人の名前はありません。

岡山市内の郵便局が押したとみられる7月の消印がありました、日付の判読は難しかったよう。

しかし、警察の調べで、容疑者が7月7日に岡山市を訪れて遊説中の安倍元首相を手製銃で襲おうとしたことが分かっていますから、この日に投函した可能性が高いですね。

手紙には、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への強い恨みがつづられています。

安倍さんについては、

「苦々しくは思っていましたが、本来の敵ではない」

「あくまでも現実世界で最も影響力のある統一教会シンパの一人に過ぎません」

「安倍(氏)の死がもたらす政治的意味、結果、最早それを考える余裕は私にはありません」

と書かれています。

この手紙が事前に警察に提出されていれば、警備を強化するなどの対策が講じられていたのではとも思ってしまいます。

スポンサーリンク

【手紙を送った相手】山陰地方のフリーライラーブログ主は誰?

山上容疑者が手紙を送ったのは、山陰地方のフリーライター統一教会を批判するブログを運営する男性です。

今回の手紙のニュースについてネットでは、ブログ主の特定が進んでいました。

山上容疑者は度々ブログにコメントをしていたようですね。

どうやら、ブログの運営者は、

米本和広(よねもと かずひろ)さんという島根県在住のルポライターの方のようです。

米本 和広さんは、島根県生まれのジャーナリストです。

横浜市立大学を卒業。

繊研新聞記者を経てフリーのルポライターとなりました。

元々は、経済関係が専門でしたが、幸福の科学の取材をきっかけに、新宗教やカルトの問題を多く扱うようになりました。

1997年には、「巨大カルト集団ヤマギシ「超洗脳」ルポ」(VIEWS)で、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞企画部門を受賞しました。

一方で、統一教会の脱会活動を拉致監禁と主張する本を出版し、それまでのカルト批判の立場に加えて、反統一教会・反カルト陣営の活動も問題視するようになりました。

統一教会の公式サイトでも米本さんの活動が複数回取り上げられているそうです。

こうなると、立場は統一教会を批判しているのか擁護しているのかわからなくなってきます。

このような意見もあり、山上容疑者がこのブログ主に手紙を送った意図が何なのか気になるところですね。

こちらが、米本さんのブログの一部です。

出典:米本和広さんブログ
出典:米本和広さんブログ

住所や連絡先も書かれていて、手紙を送ることは容易ですね。

詳しい内容は、こちらのブログをご参照ください。→米本氏運営ブログ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
etoをフォローする
気になるet cetera

コメント

タイトルとURLをコピーしました