【2024】羽生結弦の年収は10億?5つの収入源やスポンサー・CMのギャラは? | 気になるet cetera

【2024】羽生結弦の年収は10億?5つの収入源やスポンサー・CMのギャラは?

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

2022年7月にプロへの転向を表明し、

プロスケーターとして活躍の場を広げる

羽生結弦さんの年収は

10億円にも上ると予想されています。

プロへ転向したことで何が変わったのでしょうか。

10億円の背景5つの収入源

スポンサー契約やCMのギャラ

調べてみました。

スポンサーリンク

【2024】羽生結弦の年収は10億?プロ転向で桁違い!?

羽生結弦
出典:THE ANSWER

2022年7月29日、

羽生結弦さんは会見を開き

選手としての引退を表明するとともに

プロへ転向することを明らかにしました。

プロへの転向で何が大きく変わったのか、

そして、

なぜ年収が10億円と言われているのでしょうか。

スポンサーリンク

フィギアスケートのプロとアマの違い

羽生結弦
出典:毎日新聞

羽生さんが引退しプロになると宣言した際、

これまでアマチュアだったの?

と戸惑った人も多かったことでしょう。

フィギアスケート界では、

競技に出場する選手をアマ
アイスショー出演をメインとするスケーターをプロ

と線引きしています。

羽生結弦
出典:J CASTニュース

プロになると、

アマに比べて収入に大きな変化が生まれます。

アマチュアの立場ではいちいち日本スケート連盟の許可が必要なうえ、スケートで得た収入の一部を“徴収”されるなど、さまざまな制約があった。

引用:日刊ゲンダイDIGITAL

連盟は『賞金等の取扱規程』により、羽生のスポンサー収入、専属契約料などの収入の10%を肖像権使用の承認料として受け取っています。(連盟関係者)

引用:SmartFLASH

スポンサー契約やCMなどで企業が選手を起用する場合、

スケート連盟の承諾を得ることが規定されています。

また、大会で得た賞金アイスショーの主演料

連盟に納めなければなりません。

アマだと収入面において不利な点が多いようですね。

スポンサーリンク

年収10億円の背景

実際に、2017年に引退した浅田真央さんは

プロ転向1年目で、

アイスショーの出演料がアマ時代の1日100万円から2倍の200万円になり、
CM出演料は1本5000万円に跳ね上がった(広告代理店関係者)

引用:日刊ゲンダイDIGITAL

といわれ、

年収は5億円以上に上ったそうです。

浅田真央
出典:THE ANSWER

羽生さんは浅田さんを上回る実績と

世界各国から人気を集めていることから、

年収は浅田さんの倍以上になる

といわれています。

浅田さんがショーだけで3億円稼いだというのですから、

多数のCM出演などもこなす羽生さんの年収が

10億円

は決して困難な金額ではないのです。

スケート連盟の制約が外れれば、

企業側も羽生さんをピックアップしやすくなります。

選手時代から人気を博す羽生さんが

プロへ転向することは必然的だったと言えるでしょう。

スポンサーリンク

羽生結弦の5つの収入源とは?

羽生結弦
出典:tbc東北放送

では、年収10億円といわれる

羽生結弦さんの5つの収入源をご紹介します。

①アイスショー出演料・座長収入

アイスショーの出演料は、

オリンピック経験者で50~200万円

といわれています。

浅田真央さんもプロ転向後は

1公演200万円稼いでいたそうなので、

羽生さんも200万円かそれ以上になるでしょう。

また羽生さんは出演するだけではなく

2023年3月にショーの座長も務めました。

アイスショー
出典:GENEROSITY

ちなみに浅田真央さんがプロデュースするアイスショーは

半年間で17都市を回り、1都市3~6公演だとすると

座席収入だけで2000万円

物販なども含めて10億円以上の売り上げになるそう。

浅田真央
出典:NEWSポストセブン

座長収入は相当な金額であることがわかります。

羽生さんは

「エンターテインメントの本場・ラスベガスで公演できるようなステージを作りたい」

といった願望も明かしているといい、

広告代理店関係者は

世界ツアーも可能でしょう。
羽生の収入は個人事務所が管理していますが、売り上げ100億円以上の巨大イベントになります

引用:Smart FLASH

と語っています。

スポンサーリンク

②所属契約・スポンサー契約

羽生さんはANAと所属契約を結んでおり、

契約金は

年間推定5000万円

といわれています。

ANA

また、2023年8月現在

スポンサー契約を結んでいる企業は以下の通りです。

・P&G

・ファイテン

・東京西川

・味の素

・バスクリン

・KOSE

・CITIZEN中国

・国際パラリンピック委員会公式ゲーム

・東和薬品

・東京西川中国

浅田真央さんが引退時点で9社とスポンサー契約

年収5億円以上だったことを考慮すると、

羽生さんは現時点で10社

今後さらに増えることも予想されるので

5億円は軽く超えるでしょう。

スポンサーリンク

③CM・広告費

羽生さんのCM単価は実績や認知度から

1億円

といわれています。

この金額はスポーツ選手でもトップクラスなのだとか。

最近では化粧品メーカー KOSEのCMが印象的ですね。

この他数社に出演していますので、

CMだけでも数億円に上ります。

④テレビ番組出演料

羽生結弦
出典:ORICON NEWS

羽生さんは

2022年12月に日本テレビ報道番組

「news every.」

スペシャル・メッセンジャーに就任しました。

2023年から震災や災害の被災地での人々との交流を通し、

思いを伝えるという内容で、

年に数回の出演が予定されています。

今後レギュラー出演や解説者として

テレビに出演する機会も増えてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

⑤書籍・写真集の印税

羽生結弦の書籍
出典:Amazon

羽生さんにまつわる書籍や絵本、

そして数多くの写真集が刊行されています。

これらの印税も羽生さんの収入源の一つでしょう。

なお、羽生さんへのインタビューで構成された

「蒼い炎」シリーズは印税の全額がアイスリンク仙台へ寄付

されるようになっているようです。

スポンサーリンク

羽生結弦の年収と収入源まとめ

プロへ転向したことで

桁違いの年収を稼ぐことが予想されている

プロスケーターの羽生結弦さん。

スケート連盟に収入の一部を納めるなどの制約が解除されたことで、

その年収は10億円といわれています。

羽生さんの収入源は、

①アイスショー出演料・座長収入

②所属契約・スポンサー契約

③CM・広告費

④テレビ番組出演料

⑤書籍・写真集の印税

の5つが考えられます。

アイスショーは1公演200万円

ANAとの所属契約は推定5000万円

CM単価は1億円

と、選手時代の実績と世界中からの人気ぶりで

価格は跳ね上がっているようです。

今後はスケーター以外に

解説者や振付師の道もあるでしょう。

ますますの活躍が期待されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題
気になるet cetera