馳浩の旧姓は川辺!りんご農家の養子になった生い立ちが苦労人! | 気になるet cetera

馳浩の旧姓は川辺!りんご農家の養子になった生い立ちが苦労人!

アフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

石川県知事の馳浩さんは、

実は養子で旧姓は違うようです。

元々富山県農家の生まれのようですが、

小学三年生の時に石川の親戚の養子となったようです。

なぜ養子に出されたのか

その理由や馳さんの旧姓、生い立ちについてご紹介します。

スポンサーリンク

馳浩の生い立ちは?りんご農家の養子だった

馳浩は養子だった!

馳浩石川県知事

馳浩さんは実は、

養子だったです。

馳さんは、

富山県小矢部市の農家の三男として生まれました。

小学校3年生の進級のタイミングで

石川県金沢市の親族のリンゴ農園に養子に入りました。

その家が「馳家」であったため

現在の苗字は「馳」となっています。

養子に行くことになった理由は、

子供がいない親戚夫婦の跡取りになるためでした。

両親は、

「無理に行く必要はない」

と言っていましたが、

自ら養子に行くことを決めたそうです。

実の親と離れて小学生で養子になることを決断するなんて

すごすぎますね。

スポンサーリンク

馳浩の旧姓は川辺

馳浩石川県知事

馳浩さんの旧姓は

「川辺」

というそうです。

幼少期は田舎育ちの腕白坊主で、野山を駆け回り、川で泳ぎ、田んぼを突っ切って小学校に通っていた。生家での生活はお世辞にも豊かとは言えなかったが、この頃から自分の将来を見据え、自らの意志で養子に行く道を選んだ。

スポンサーリンク

馳浩が養子を志願した理由が納得!三男で苦労人だった

馳浩

馳浩さんは小学3年生ながらに

将来まで見据えて考えていたようです。

三男で生まれたことから

将来、自分が土地を分けてもらえるのか、

学校もどこまで行かせてもらえるのか

心配していたそうです。

そこで養子の話がきて、

その家の長男となればいろんなチャンスが掴める

と考えたようで、

養子となることを選択したようです。

時代背景的になものがあるとはいえ、

9歳でそんな判断ができるなんて本当にすごいですね。

その決断があったからこそ

政治家として活躍できているのかもしれません。

馳浩石川県知事の自宅は東京のどこ?なぜ都内に実家がある?
2024年1月1日、石川能登半島で最大震度7の地震があり、多くの被害が出ています。この時、石川県の馳浩知事は東京にいて「帰省中だった」とのことで官邸で対応に当たっていました。なぜ石川ではなく東京に自宅(実家)があるのかと疑問に思った人もいたようです。東京のどこに実家があるのか、また石川での自宅はどこなのか調査しました。
馳浩石川県知事の学歴や経歴は?元プロレスラーでオリンピックにも!
石川県知事の馳浩さんは元文部科学大臣という経歴だけでなく、高校教諭、レスリングでオリンピック出場、プロレスラーという異色の経歴を持っています。馳浩知事の学歴や経歴をまとめました。
富山市地震で死亡の中一男子の学校はどこ?生徒の名前や顔写真は?
石川県能登半島地震で、帰省していた富山市内の中学1年生の男子生徒が建物の倒壊に巻き込まれて亡くなっていたことがわかりました。石川県輪島市の親族の家に家族と帰省していたようです。亡くなった中学生の名前や顔写真は公表されているのでしょうか。通っていた中学校についても調査しました。
スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
気になるet cetera

コメント