iPhone 14 Proパンチホールが天才的と言われる理由!ノッチ・UIとは?「Dynamic Island」 の評判

ニュース
スポンサーリンク

iPhone 14、iPhone 14 Plusが2022年9月16日から順次発売されます。

どんな機能が新しく追加されたのでしょうか。

ネットでは「パンチホールの使い方が天才的」と話題になっています!

果たしてその使い方とは?

パンチホール、ノッチ、UIなどの専門用語もわかりやすくお伝えします。

スポンサーリンク

iPhone 14 Proパンチホールが天才的!

今回発売されるiPhone 14新機能として話題になっているのが、「パンチホール」デザインです。

パンチホール型ディスプレイ

出典:Apple

パンチホール型ディスプレイとは、

スマートフォンのディスプレイ設計のうち、フロントカメラ等が露出する位置をディスプレイの表示領域の中に点状に配置したディスプレイのこと

です。

従来はノッチ型

これに対して従来使われていたデザインがノッチ型。

ノッチとは、

画面上部の切り欠きや切り込みのこと。 語源は英語でくぼみやV字・U字の切り込みを意味する「notch(のっち)」

多くの場合、ノッチ部分にフロントカメラやセンサーが配置されています。

そのため、画面にこのような黒いくぼみがありました。

私は、今回言われるまであまり意識していませんでしたが、

この部分を

「邪魔」

「ダサい」

と感じでいた人がいたようです。

スポンサーリンク

Dynamic Island

従来は画面の縁が画面に割り込む形でカメラを配置する、いわゆる「ノッチ」デザインだったものが、新作iPhone 14では、カメラが画面内に穴のように独立して設置されている「パンチホール」デザインになりました。

パンチホール型のカメラは、サムスンの「Galaxy」やシャオミの「Redmi」など、すでに多数のAndroidメーカーが採用していますが、iPhoneとしては、初めてです。

ディスプレイに小さな楕円(だえん)形のパンチホールがあり、そこにアニメーションのアラートや通知が表示されることになります。

Apple社はこれを「Dynamic Island(ダイナミックアイランド)」と称しています。

ダイナミックアイランドは、アプリの通知や再生中の音楽、接続中のAirPodsなどの情報をパンチホールを中心に表示させ、「カメラの穴を通知の一部のようにみせる」工夫がなされています

単に目立たなくするだけではなく、動きのあるアニメーションによって各種情報を効果的に表示させている所が高く評価されているようですね。

まさに欠点を逆手にとったAppleの匠の技です。

スポンサーリンク

「カメラ穴」を上手に隠す新UIとしてネットで話題

UIとは

ここでまずUIという言葉について説明しておきますね。

UIとは、

ユーザーインターフェイス(User Interface)の略称で、一般的にユーザー(利用者)と製品やサービスとのインターフェース(接点)すべてのこと

と意味します。

つまりUIとは、見た目や、使いやすさのことです。

今回改善されたパンチホールもUIの一つですね。

ネットの評判

この新しいUIであるパンチホールデザインはネットでも好評です。

この黒いエリアはアニメーションのように形を変えます。

電話がかかってきたらここをタップするだけで応答できたり、地図アプリのルート案内も表示されたりします。

パンチホールの穴を隠すのではなく、デザインとしても機能としてもうまく利用していますよね。

つまり、今回天才的と言われた理由としては、

単なる非表示部分でデザイン的にもダサかったところに重ねるように表示できる機能としての役割と、動きのあるアニメーションにして楽しめるという要素も加えた

ということが考えられます。

スポンサーリンク

発売日・予約開始日

今回は、iPhone 14の新機能「パンチホール」についてお伝えしましたが、まだまだ新機能はたくさんあります。

予約は9月9日21時から受け付け、iPhone 14は9月16日、iPhone 14 Plusは10月7日に発売される予定です。

販売価格は、iPhone 14が11万9800円から、iPhone 14 Plusが13万4800円からとなっていますのでご予約はお早めに!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
etoをフォローする
気になるet cetera

コメント

タイトルとURLをコピーしました