【なぜ】米津玄師チェンソーマン「KICKBACK」の歌詞にモー娘。使った理由は?ハロヲタなのか?聴き比べ

アニメ
スポンサーリンク

チェンソーマン」の主題歌「KICK BACK」がカッコ良すぎると話題になっていますね。

また、歌詞に、モーニング娘。「そうだ!We’re ALIVE」の

努力 未来 A BEAUTIFUL STAR

というフレーズが使われていることにも気づいたでしょうか。

米津さん側さんからつんく♂さんに使用許可のお願いがあったようですが、なぜこの歌詞使ったのか。

その理由を調査しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KICK BACKにモー娘。の歌詞

アニメ『チェンソーマン』の主題歌『KICK BACK』にモー娘。の歌詞が使用されています。

モーニング娘。『そうだ!We‘re ALIVE』のキャッチーなフレーズがサンプリングされていて、気づいた人もいたのではないでしょうか。

該当部分は、こちら。

努力 未来 A BEAUTIFUL STAR

『幸せになりたい』

まずは、こちらが米津さんの『KICK BACK』のMVです。

めちゃくちゃかっこいいですよね。

そして、こちらが、モーニング娘。の『そうだ!We‘re ALIVE』

2002年2月20日発売。モー娘。の14枚目のシングルです。

とても明るくて同じ歌詞でもここまで違うものになるなんてクリエイターの力ってすごいですね。

スポンサーリンク

聴き比べ

それでは、該当箇所の聴き比べをしてみましょう。

こちらの動画にまとめられていました。

一応、ニュース記事では、

努力 未来 A BEAUTIFUL STAR

のフレーズを使用申請しているとありますが、

『幸せになりたい』

の部分も使われていますよね。

なぜモー娘。の歌詞を使ったのか

それでは、なぜ米津玄師さんはモー娘。の歌詞を使用したのでしょうか。

『そうだ!We‘re ALIVE』は、2002年発売と少し古い曲ですが、なぜ今?と思った方も多いと思います。

その理由は、米津さん自身は語っていないため不明です。

ただ、さまざまなネットの意見やつんくさんのインタビュー記事などから推察してみました。

スポンサーリンク

理由1米津玄師はハロプロファン?

元々キャッチーな言い回しが多いつんく♂さんの歌詞を、米津さんが使った理由はなんだったのか気になりますね。

米津玄師
出典:音楽ナタリー

まず、そもそも、この曲を知っていないと使おうとはならないですからネットでは米津さんはハロオタ(モー娘。をはじめとするハロー!プロジェクトのファンの総称)なのではと騒がれています。

モー娘。ファンが聞けばさまざまなところにつんく節が取り入れられていて、少なくとも

つんくさんのこと、モー娘。のことをわかっていないとチョイスできないようなフレーズ

だと思います。

芸能界にはハロプロファンが多いですから、もしかしたら米津さんも?と期待の声があり、ハロオタも大歓迎のようです。

完全なファンかはわかりませんが、世代的にはドンピシャです。(米津さんは1991年生まれの31歳)

少なくともリスペクトから使用していることは間違いないでしょうね。

理由2チェンソーマンと同じ時代設定?

さらに、こんな意見もありました。

なんとチェンソーマンの時代設定の一部で1997年というのがあるらしく、モーニング娘。がデビューしたのも1997年ということです。

そこまで解釈できる米津さんのクリエイター力に驚きの声が止まりません。

かなりの想像力や分析力をお持ちのようです。

一曲作るのにそこまで考えて作ってるんだなと思うと、曲の聴こえ方も変わってきそうですね。

クリエイターって恐ろしいですね。

天才的な歌詞といえば、「シン・ウルトラマン」の曲も素晴らしいです。

スポンサーリンク

理由3閃き

つんく♂
出典:音楽ナタリー

つんく♂さんは、米津玄師さんから、新曲作成にあたって「そうだ!We’re ALIVE」をサンプリングしたいとの申し出があったことをコメントしています。

「たいていの場合は、ライブ音源としての使用だったり、アルバムの中の1曲であったり、プロモーション曲としてフルカバーしたいという許諾申請です。しかし、今回の許諾申請に関しては、すでに有名なアーティストが、テレビアニメのタイアップの新曲の中で一部を使用したいというもの。同じクリエーターとしては『え?どういう意味だろ』と最初は理解出来ませんでした」と、これまでにない使用許諾の申請に面食らったことを明かしている。

引用:音楽ナタリー

希望されたのは歌詞の「努力 未来 A BEAUTIFUL STAR」という一節です。

つんくさんはなぜ使いたいのか理由はわからなかったそうですが、

「野暮は言いっこなしだ」

快諾したんだとか。

器が大きいですね。

さらにつんくさんは完成した歌を聴いて、

「才能の塊というのは本当に恐ろしい」

と感嘆されたそうです。

「ここまで来ると同じクリエーターとしても制作途中のひらめきに関して、理由もクソもないだろう。そう閃いたのだからそうするのだ

引用:音楽ナタリー

もう閃きとしか言いようがないのですね。

クリエイターの制作過程には、インスピレーションとしか説明できないことがあるのかもしれません。

理由はないし、いいと思ったから作った。

かっこいい。

何でもかんでも説明づけようとするのはそれこそ野暮なのかもしれません。

芸術は感じるものなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ音楽
etoをフォローする
気になるet cetera

コメント

タイトルとURLをコピーしました