中井やまゆり園と津久井やまゆり園は別施設!場所や距離・運営元の違いを調査!県職員か社会福祉法人か

ニュース
スポンサーリンク

施設入居者に対する問題行動があった「やまゆり園」と聞いて、2016年に障害者19人が殺害される事件があった「津久井やまゆり園」を思い浮かべた方もいらっしゃると思います。

しかし、今回報道があったのは全く別の施設「中井やまゆり園」です。

両者の運営元の違いや場所などを調査しました。

スポンサーリンク

運営元の違い

中井やまゆり園

中井やまゆり園

今回報道のあった「中井やまゆり園」は、神奈川県中井町にある県立の知的障害者入所施設です。

運営元は神奈川県。

県の直営で、職員は県の職員です。

津久井やまゆり園

津久井やまゆり園

一方、2016年に事件があった「津久井やまゆり園」は、相模原市にあり「社会福祉法人かながわ共同会」の運営です。

【社会福祉法人とは】
社会福祉法において社会福祉法人とは、「社会福祉事業を行うことを目的として、この法律の定めるところにより設立された法人」と定義されています。
ここでいう「社会福祉事業」とは、社会福祉法第2条に定められている第一種社会福祉事業及び第二種社会福祉事業をいいます。
また社会福祉法人は、社会福祉事業の他公益事業及び収益事業を行うことができます。

引用:厚生労働省
出典:厚生労働省

いわゆる団体職員のことです。

団体職員は、その職務の公共性から「準公務員」などと呼ばれることもありますが、あくまで「民間」の非営利組織であり、公務員ではありません

今回問題のあった中井やまゆり園は、公務員である職員76人が関与していたということでより注目を集めたわけですね。

スポンサーリンク

施設の規模・設備

中井やまゆり園

中井やまゆり園は、自閉症や重度の知的障害がある人を中心に約90人が入所しています。

定員は、

施設入所122名(生活介護116名、自立訓練6名)、短期入所18名(日中一時支援サービスを含む)

施設整備としては、

個室69室、二人部屋36室(合計105室)、診療所、作業棟、地域サービス棟、講堂、運動場、自活訓練棟など

という感じです。

 

スポンサーリンク

津久井やまゆり園

津久井やまゆり園の定員は、

施設入所支援114名 生活介護114名

6か所の寮に分かれていて、寮内には

居室のほかに、食堂・リビング・浴室・トイレ等

の生活に必要な設備があります。

場所の違い

中井やまゆり園

中井やまゆり園の住所は、

〒259-0157 足柄上郡中井町境218

です。

周りを木々で囲まれた場所になっています。

スポンサーリンク

津久井やまゆり園

津久井やまゆり園の住所はこちら。

〒252-0174 相模原市緑区千木良476

こちらは相模川がそばに流れていてやはり木々が周りにある場所です。

両施設の場所は全然違っていて、車で約1時間の距離にあります。

今回の報道を聞いて2016年に事件のあった「やまゆり園」のことかと思われた方もいらっしゃるかと思いますが、全く別の施設だったようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
etoをフォローする
気になるet cetera

コメント

タイトルとURLをコピーしました