中西絢哉の両親の国籍や家族構成は?父親も弓道経験者! | 気になるet cetera

中西絢哉の両親の国籍や家族構成は?父親も弓道経験者!

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

アーチェリー日本代表選手、中西絢哉さん

ハーフの噂があるようです。

そこで中西絢哉さん両親の国籍や家族構成

調べてみました。

中西絢哉さんの父親は弓道経験者だと

いうことで、中西絢哉さんの弓道を支えた

家族の絆エピソードについてもご紹介します!

スポンサーリンク

中西絢哉の家族構成は?ハーフの噂や両親の国籍は?

国籍は日本

中西絢哉
NHK

中西絢哉さんの家族構成については

公表されていません。

兄弟がいるのか、母親についてもわかっていません。

ただ、両親の国籍はおそらく日本国籍だと

思われます。

中西絢哉さんの出身地は岡山市北区です。

いったんアーチェリーのために近畿大学進学で

岡山県を出ていますが、その後は再び

地元に戻り就職し、実家にいます。

このことと父親の名前が智也さんであることから

少なくとも父親は日本国籍です。

スポンサーリンク

ハーフ?

中西絢哉
RSKイブニングニュース

また、中西絢哉さんの子供の頃からの写真を見た限り、

中西絢哉さんはハーフではないように思います。

仮に、外国の血が入っていたとしてもアジア圏で

あることは確かかな、と感じました。

スポンサーリンク

両親はどんな人?父親も弓道経験者!母親は?

父親は弓道経験者

中西絢哉
TBSニュースDIG

父親の名前は智也さんです。

智也さんは、高校時代弓道に熱中していたそうです。

そこから中西絢哉さんは弓道に興味を持っていた

いいます。

ただ、子供でも習える弓道場がなかったため、

アーチェリーの講習会が新聞記載されているのを

見て小学5年生の時に参加したのが、

中西絢哉さんがアーチェリーをするきっかけだったと

明かしています。

父親の智也さんは、そんな息子をアーチェリーが

できる練習場に連れて行ってくれたのですね。

智也さんは自分のしていた弓道を本当は

中西絢哉さんにして欲しかったのかもしれません。

それでも中西絢哉さんをアーチェリー強豪校に

岡山県理科大学附属高校、近畿大学

進学させてくれたのは、親心だったのでしょう。

素敵な父親ですね。

スポンサーリンク

母親は?

中西絢哉
OHK公式チャンネル

中西絢哉さんの母親については、不明です。

ただ、競技に必要な色々なサポートがあったことと

思います。

栄養のある食事、普通なら必要のない競技時の

洗濯、送り迎えなど多忙だったのではないでしょうか。

スポーツ選手の多くの母親が直面する問題に

悩まされつつも善処してきたのではないか、と。

きっと中西絢哉さんも母親にも感謝しているはずですね。

スポンサーリンク

中西絢哉と家族の絆エピソード3選

試合に来てくれた中学の時

中西絢哉
RSKイブニングニュース

中西絢哉さんが中学生の頃、たまに試合を見に

父の智也さんが来ていたそうです。

「その時にやっぱり弓道をやってたぶん、

なんとなく眼があるんですよね。」

と語った中西絢哉さん。

智也さんの眼があるのであまり下手な試合を

できなかったとも。

自分より上手な人の眼があると意識すると

良い意味での緊張があったのだと思います。

また、中学2年生のとき全日本小学生中学生選手

優勝した中西絢哉さんですが、この時に

人がたくさんいる中で射る緊張感

が気持ちよかったと言っています。

そのため、余計にアーチェリーに傾倒したと

いう話です。

自分の強みは大会の緊張感が好きなところ

引用元:NHK

とも。

スポンサーリンク

気を遣わせない優しさ

中西絢哉
BS朝日

インタビューで家族のバックアップのことを聞かれたとき

中西絢哉さんは

「良くも悪くもあまり触れないというか

気を遣わなくていいようにしてくれていますね」

と答えていました。

試合から帰ってきたときにも、

成績を聞かれることもないそうです。

中西絢哉さんが試合に行くときも家族は

「『おう、頑張って来いよ』ぐらいの感じで

すごい、その、のびのびとはやらせて貰ってます。」

あまり熱のこもった応援をすることはないようです。

中西絢哉さんにプレッシャーをかけないよう、

家族でそっと見守ってくれているのですね。

スポンサーリンク

パリ五輪内定の時には

五輪内定時の家族と地元のエピソード

中西絢哉
テレビせとうち

中西絢哉さんはパリ五輪の代表内定が決まったとき

「父親からはめったに『おめでとう』と

言われなかったんですけど

その時は『おめでとう』と言われましたね」

と父、智也さんのことを話しています。

父からの褒め言葉は、やはり嬉しかったようで、

「何か、言わせてやった感が」

と笑っていました。

「父親を越えたと思いますか」

というインタビューには

「上に行ったぞとは思わないですけど、その、まあ、

ここまで頑張ったよって、そういうふうには思います」

と謙虚に応えていましたよ。

しかし、

父親からはめったに『おめでとう』とは」

言われないということは、他の家族からは

「おめでとう」

と言われているのですね。

家族の話をしない中西絢哉さん。

ひとつの言葉でも、いろいろ考えてしまいます。

中西絢哉
BS TBS

そして、中西絢哉さんはこれまで家族はもちろん、

地元にも助けられてきたと語っています。

スポンサーリンク

五輪のメダルが地元への恩返し

中西絢哉さんは

「パリ五輪でメダルを獲得することで地元岡山の

アーチェリーを盛り上げていきたい」

との意気込みを持っているようです。

また、実家から母校岡山理科大学附属高校で

パリ五輪に向けて練習を重ねているとか。

活躍が期待される五輪を終えたら

遠征から帰る度に通っているという寿司屋

で好きだというお魚を

思い切り食べて欲しいですね。

そのとき祝杯が挙げられることを祈っています。

▼西田有志の英才教育に関する秘話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手
気になるet cetera

コメント