【実際の音声】斎藤淳3つの犯行動機!ハーフ娘やボルボの騒音?




斎藤淳 ニュース
スポンサーリンク

飯能殺人事件の犯人・斎藤淳容疑者が逮捕されました。

犯行動機について

「言いたくありません」

黙秘しているようですが、一体なぜこのような犯行に及んだのでしょうか。

被害者宅では過去に器物損壊の事件も起こっていて、

車の騒音トラブルではないかとみられているようです。

被害者が乗っていたのはボルボですが、音が大きかったのか

実際の音声を聞いてみましょう!

スポンサーリンク

【恐怖】斎藤淳3つの犯行動機とは?

2022年12月25日クリスマスの朝

埼玉県飯能市美杉台4丁目の住宅街で起きた凄惨な事件。

亡くなったのはこの家に住む60代の夫婦と、普段は別のところで暮らしている30代の娘です。

現場

斎藤容疑者は住宅内に3人がいたところを襲い、

屋外に逃げた被害者らをさらに追い回して殺害したということで

強い殺意があったことがわかります。

斎藤淳

斎藤淳容疑者はなぜこの家の住人を狙ったのか。

考えられる犯行動機をお伝えします。

スポンサーリンク

斎藤淳は被害者ハーフ娘のストーカーだった?

ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさん
殺害されたビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさん(本人SNSより)

襲われた一家は、

父:ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさん(69)無職、米国籍

妻:森田泉さん(68)無職


娘:森田ソフィアナ恵さん(32)会社員、東京都渋谷区神宮前1丁目在住

と判明しています。

娘さんはハーフだったことから相当美人だと予想され、

このことからネットでは

斎藤淳容疑者はハーフの娘のストーカーだったのでは?

と推測されています。

近隣住民からも、

「奥さんは若々しくて、旦那さんは欧米系の方、娘は、ハーフで美人」

と言われれているようです。

twitter

しかし、娘さんは普段はこの家に住んでおらず

東京都在住です。

この日、なぜ訪れていたのかはわかっていませんが、

クリスマスということで一緒にお祝いをする予定だったのかもしれません。

普段から引きこもっていた斎藤淳容疑者が、

この日に娘が家を訪れることまで把握していたとは考えにくいです。

家の道筋も違うため家から様子も見えないはずですね。

現場

娘さんは、斎藤淳容疑者が老夫婦を殺害しよとしたところに

たまたま居合わせて巻き込まれてしまったのかもしれませんね。

だとしたら可哀想すぎます。

人生を悲観し羨ましかったから

斎藤淳容疑者が、40歳無職で引きこもりということから

人生を悲観していたのではないかと考えられます。

被害者一家は、老夫婦で高級車に乗り、ゆったりと老後ライフを送り、娘は東京で働く会社員。

はたからみれば順風満帆のように見えます。

また、ネットでは典型的な無敵顔とも言われています。

twitter

無敵顔とは、無敵の人ということで

「失うものがなく犯罪にためらいがない人のこと」

をいうようです。

犯行後すぐ、斎藤容疑者は自宅に戻り、

2階の部屋こもって内側に物を置いてドアが開かないようにしていたそうです。

逃走するでもなく家にいたということで捕まることを恐れていないようにも感じますね。

また、元々4人家族で住んでいたのですが、父親、母親、姉が順に家を出て行っていることから

家族ともうまくいっていなかったようです。

「斎藤さんのお家は元々は、ご両親とお姉さんと彼の4人家族でしたが、ご両親が離婚してお父さんが家を出て行ったんです。その後、お母さんもどこか別のところで暮らすようになり、姉弟の2人で住んでいました。
そのうち、今度はお姉さんが出て行き斎藤さんは一人暮らしでした。
あまり出歩くこともなく、深夜でも部屋の明かりが煌々と灯っていましたね」

引用:文春

家族は家を捨ててまで、斎藤容疑者と離れたかったようですから

斎藤容疑者が家族に愛想をつかされるような問題を抱えていたのかもしれません。

父親が時々通ってお世話をしていたという情報もあるようですから

完全に見放されたというわけではなさそうですが、

少なくとも一緒には暮らせない理由がありそうです。

追記:後に父親が語っていますが、母親と姉に対する斎藤容疑者からの暴力があったようです。

スポンサーリンク

被害者の車ボルボの騒音トラブル?

被害者の老夫婦は、10年ほど前にこの家に引っ越してきたそうです。

斎藤容疑者とのトラブルがあったのは、数年前から

最近では2021年8月16日に、

被害者の家にとまっていた車を傷付ける器物損壊事件を起こしています。

近所の人

「昨年8月ごろ、ガレージに停められていた高級外車が刃物かドライバーのようなもので全面がえぐられるように傷つけられていました。修理代に100万円かかったと聞いています」
(近隣住民)

引用:文春

被害にあったのは、赤のボルボで、修理代は100万円もかかったようです。

ボルボ
Googleマップ
ボルボ
Googleマップ

ボルボは一般的にエンジン音がうるさいとも言われているようで、

その騒音に腹を立てて斎藤容疑者が嫌がらせをしたのではないかという推測もあります。

さらに被害は1回で終わることなく、今年1月にも同じように車を傷つけられたとのことです。

この時警察が張り込んでいて、

斎藤容疑者が器物を破損している姿を認め、現行犯逮捕しています。

しかしその後、本人が否認し、現行犯も示談が成立したことから不起訴になったようです。

被害者の奥さんは、近所の人に

「怖い」

と漏らしていたようです。

執拗にこの老夫婦を狙っていることから、積年の恨みから今回の犯行に至ったように感じます。

【実際の音声】ボルボの騒音はそんなにうるさかったのか?

ボルボのエンジン音がうるさかったということで、

騒音トラブルではないかという意見があったので、実際の音声を聞いてみました。

確かにちょっと音は大きめですが、

車のエンジンをかけるのなんて1日に一回くらいですし、

そこまで気になるものでもないような気がします。

現場
自宅

近所といってもそれなりに距離はありますし、

そこまで音がうるさいかというと疑問ですし、

それなら近所の人からそういった証言があってもいいはずですが今のところないようです。

斎藤容疑者自宅には車が停まっていないことから

普段車に乗らないためエンジン音に敏感なのかもしれません。

はっきりとした犯行動機は明らかになっていませんが、

老父婦に少なくとも1年以上前から恨みがあったとみられます。

【髪がある画像】飯能の犯人斎藤淳若い頃はモデルでイケメン!モテ男に何があった!?↓

斎藤淳の実家は金持ち!?私立校出身で映画監督だった!↓



スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
気になるet cetera
タイトルとURLをコピーしました