榊原正道は次女の不倫相手で洗脳していた?2011年に監禁の前科はデマ? | 気になるet cetera

榊原正道は次女の不倫相手で洗脳していた?2011年に監禁の前科はデマ?

アフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

愛媛県今治市の住宅

ピアノ教師の冨田小雪さん(64)が殺害された事件関連で、

犯人の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、冨田さんの次女と交際していた

自称会社員の榊原正道容疑者(34)で、

昨年11月に次女が「別れたくても別れられない」

警察に相談していたことがわかりました。

また過去に女性監禁の前科がある可能性も浮上してきました。

スポンサーリンク

【顔写真】榊原正道のプロフィール

榊原正道
  • 名前 榊原正道(さかきばらまさみち)
  • 年齢 34歳
  • 自宅住所 愛媛県西条市樋之口
  • 職業 自称会社員
  • 逮捕容疑 次女への暴行

逮捕されたのは、

冨田さんの次女(35)の元交際相手の男

自称会社員の榊原正道容疑者(34)

です。

事件後、次女と連絡が取れなくなっていましたが、

1月27日夜、次女を西条市内で保護。

行動を共にしていた榊原正道容疑者を

次女への暴行容疑で逮捕しています。

警察は、榊原容疑者が、

殺人事件に関与した可能性もあるとみて捜査を進めています。

スポンサーリンク

榊原正道は次女の不倫相手?元夫ではない?

榊原正道と別れ話でもめる

榊原正道

榊原正道容疑者と次女の関係性ですが、

元交際相手

と報じられています。

次女とは交際関係にあったというだけで

旦那ではなかったようですね。

また二人は別れ話でもめていたようで

2023年11月、冨田さんの次女が警察に、

「別れたくても別れられない」

と相談していたこともわかりました。

しかし、処罰意思はなかったということで

積極的な110番を促すといった防犯指導にとどめていたようです。

詳しくは後述しますが、

次女はもしかしたら洗脳状態にあったため

警察に積極的に被害を申し出なかった可能性があります。

スポンサーリンク

別れ話の原因はDV?

榊原正道

榊原正道容疑者と次女が別れた理由は

はっきりとはわかりませんが、

暴力を振るわれたと警察に話していることから

DVが原因ではないでしょうか。

とはいえ、

相談としては、

榊原容疑者に髪を引っ張られるなどの内容だったとのことで

殴るなどではなかったようです。

母親から、別れることを強く勧められたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

次女には別の夫がいた?

榊原正道

別の週刊誌では、

ちょうど同じ時期に旦那が家を出て行ったとも報じられています。

近所の人「去年の11月頃くらいだったか、小雪さんの家で一緒に住んでいた次女の旦那が、離婚したのかまではわかりませんが、家を出ていったんです。前後するように母親と言い争うような声が聞こえたり、次女らしき声で子供を叱りつける声を聞くことが増えた。」

引用:NEWSポストセブン

この出ていった人物が榊原正道容疑者なのかと思いましたが、

交際していた

と報じられていることや

榊原容疑者は、

隣町である西条市樋之口のアパートに数年前から女性と同居していた(現在は一人暮らし)

との話があることから旦那ではないようです。

さらに、

「去年だったかな、次女が朝6時に夫以外の男と楽しそうに朝帰りするのを2度見たこともある。次女には造船所で働く真面目な夫がいたんだけど、そんな生活が引き金になったのか、昨年11月以降は朝7時に毎日出勤する夫の姿をパッタリ見なくなった。娘をすごい可愛がってドライヤーで30分ぐらい髪を乾かすような、良い父親だったんだけどね。それから後になって近所の噂で、『次女が離婚した』と聞いたのさ」

引用:文春

という話もあります。

だとすると別れ話の時期に、正式な旦那がいたということで

次女と不倫関係にあった可能性があります。

また、近所の人の話では、

「ここ1、2年、母と娘の言い争いや喧嘩が絶えなかった。次女は2年ほど前から、職種はわからないけど水商売の仕事を始めたみたい。派手な化粧に露出の多いミニスカートを着て、明け方に見かけることもありました。」

引用:NEWSポストセブン

とのことで、

母と娘の関係も良好ではなかったようです。

スポンサーリンク

榊原正道は2011年に監禁の前科持ち?

2011年の事件とは?

榊原正道

榊原正道の名前で検索すると

2011年にある事件を起こしていることがわかりました。

榊原正道

調べてみると

同姓同名の人物が、

2011年に知人女性を10日間監禁暴行していたようです。

牢屋

知人女性を10日間監禁…暴行の男逮捕

埼玉県警所沢署は10日までに、県内に住む知人女性(23)を10日間にわたり監禁し、顔などを殴って1カ月のけがを負わせたとして、逮捕監禁致傷の疑いで住所不定の無職、榊原正道容疑者(21)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は2月26日午後4時ごろ、女性の自宅に侵入し殴ったり包丁を突きつけたりした後、レンタカーに押し込めて連れ出し、3月8日午後3時50分ごろまで県内や静岡県内のホテルなどに監禁した疑い。

引用:サンスポ 2011年3月11日
スポンサーリンク

当時の被害者が次女はデマ!犯人も別人?

調査

しかし、

この事件は同姓同名の別人の可能性もあります。

理由としては、

警察が相談時点で動いていないからです。

この事件の犯人の榊原正道容疑者は

2011年当時21歳ということで

2024年現在、34歳で年齢が一致します。

被害者は当時23歳ですから、

2024年現在、36歳ということで

誕生日によっては35歳の可能性もありますから

次女と年齢がほぼ一致します。

そのためこの時の被害者も次女なのではとネットでは噂されています。

しかし、埼玉県と愛媛県ということでかなり離れていますし、

引っ越したとしてもその時被害にあった人と被疑者が

また同じ県にいるというのも不自然です。

さらに警察が次女から別れられないと恋人とのトラブルを相談された時

積極的に動いていないことから

榊原正道容疑者が当時の犯人ではない可能性や

被害者も次女ではない可能性が高いです。

もし、当時に被害に遭っているなら

処罰意思がないのはおかしいですし、

警察も前科のある危険人物の似たような相談を受けて

防犯指導に留めるのはありえないことですよね。

相談を受けた時に相手の男について

調べないというのはさすがに警察の職務としてどうなのかと思いますから

そこは必ず調べていることでしょう。

そのため、同姓同名の別人の可能性もあるかもしれません。

スポンサーリンク

追記:埼玉の事件の犯人と特定!警察の不手際か?

榊原容疑者は、2011年の犯人だったことが

後の週刊誌の報道で明らかになりました。

「2011年には埼玉県に住む女性の自宅に侵入し殴ったり包丁を突き付けたりして1カ月の怪我を負わせたあげく、レンタカーに押し込んで10日間監禁したとして、逮捕監禁致傷の疑いで逮捕されています。逮捕時の調べで動機について、『金が欲しかったから』と供述。悪質極まりない」

引用:文春

だとすると

警察は何も調査しなかったということになりますね。

スポンサーリンク

追記:別の被害者はエックスで被害を暴露!

榊原正道

榊原容疑者と10年ほど前に

一緒に暮らしていた榊原の元交際女性A子さんが語りました。

「埼玉の事件があってから2年後くらいに榊原と交際を始めました。彼のもともとの出身は高知で『俺は両親に捨てられて施設で育った』と。どこか愛情に飢えている印象でした。先輩に頼まれて歌舞伎町のホスト店で数回働いたこともありましたが、基本的には、水商売をしていた私の“ヒモ”でしたね。」

小遣いが欲しいからと、

店の前でざわざ待っていることもあったそうです。

最初は優しかったが、

徐々に依存が激しくなり、

結局別れるまでに1年ぐらい時間がかかったとか。

そして最終的には榊原容疑者がA子さんを殴り

傷害容疑で逮捕され、実刑判決を受けています。

Xでも詳細を語っていました。

こちらは、交際していた時のプリクラのようです。

榊原正道

確かに「まさみち」と名前が書かれていますね。

女性の話では、

・2011年の事件の被害者ではない
・その時も女性の家のガラス窓を割って親の目の前でさらって監禁した
・東京在住で愛媛にはいない
・自分も脅されて被害に遭いそうにあり保護してもらったから無事
・顔面にあざができるほど殴られ洗脳されてた

とのことです。

榊原正道
榊原正道
榊原正道
榊原正道

この話が事実なら

警察に相談した時、

次女は洗脳状態にあったため

処罰意思がなかったのかもしれません。

だとすると、この時に男について詳細を語らなかったため

警察も把握できなかったのかもしれません。

あるいは、警察が男についての調査を怠ったという可能性もでてきますから

警察の責任も問われる可能性もありますね。

【顔写真】冨田小雪のピアノ教室(自宅)を特定
榊原正道の生い立ちが壮絶?
榊原正道の自宅住所や勤務先・Facebookは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
気になるet cetera

コメント