【なぜ】きかんしゃトーマスリニューアルで顔かわった!2Dにした理由は?いつから変わる?「これじゃない」戸惑いの声

ニュース
スポンサーリンク

子どもに大人気の「きかんしゃトーマス」12年ぶりにフルリニューアルして顔が変わりすぎと話題になっています。

一体なぜここまで顔が変わってしまったのでしょうか。

既存の顔に慣れている人からは戸惑いの声が聞かれます。

2Dになった理由とは?

また、新しい顔になったトーマスの新シリーズの放送はいつからなのかもお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トーマスの顔が変わった!

みた瞬間全く違うキャラになっていて戸惑った方も多いようです。

12年ぶりのリニューアルということでかなりポップな印象に変わっています。

キラキラでとても可愛いらしいのですがまるで別のアニメのように大きく変わっていますね。

表現としても、これまでの3DCGから2Dへとなぜか技術的に退化しているのです。

トーマスといえばこの奇妙なリアリティと独特の表情が大人にもウケていましたよね。

一体なぜこんなに変わってしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

人形劇時代からの顔の変化

それでは、これまでの顔の変化を見ていきましょう。

「きかんしゃトーマス」シリーズは、イギリスで1945年に刊行された絵本を原作にした子ども向け作品です。

日本では1990年に人形劇として放送開始されました。

この昔っぽい感じ好きですね〜。

その後、2010年に現在の3DCGの姿となりました。

そして2022年の今年、2Dとしての新たな顔に生まれ変わることになりました。

これまでのリアルな機関車の感じからよりアニメっぽく変化するようですね。

「これじゃないのよ」戸惑いの声

この変化に世間の人も戸惑っているようです。

時代の変化で同じアニメでもキャラデザインが変化していくものではありますが、果たしてトーマスの新しい顔に馴染むことはできるのでしょうか。

スポンサーリンク

新しい顔のトーマスいつから放送?

新しい顔になったトーマスのテレビアニメは、NHK Eテレ2022年冬から放送開始です。

さらに、2023年春には、『映画 きかんしゃトーマス めざせ!夢のチャンピオンカップ』も上映される予定です。

新シリーズのトーマスは、よりコミカルな表情とアクロバティックな姿が見られるんだとか。

なぜ2Dに変化した?

今回のリニューアルでトーマスたちの顔は2Dになります。

もともと顔の彫りが深かったトーマスたちが、平面的なイラストタッチに変わります。

より年齢層の低いこども向けになるのでしょうか?

この変化について雑誌記者が、「きかんしゃトーマス」のマスターライセンスを保有する

「株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ」

に取材をしたようですが・・・

「なぜトーマスたちの顔が変わったのでしょうか」「『リニューアルに馴染めない』という声もありますが、見解はいかがでしょうか」といった質問表をメールで送った。しかし、回答しません」との返事だった。

引用:女性自身

回答しないという返事だったようです。

何か大人の事情があるのかもしれません。

制作費を抑えるためかとの意見もあるようです。

制作費問題は、過去の人形劇から3Dへの切り替えのときにも言われていたようですね。

会社としても「制作費を抑えるためです。」とは回答したくないですよね。

アニメを作るのも難しい時代になってきたのかもしれませんね。

顔の変化は最初は違和感があるかもしれませんが、ゆくゆくは新しい顔のトーマスが子どもたちにとってのトーマスになっていくのでしょうね。

新シリーズも期待したいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
etoをフォローする
気になるet cetera

コメント

タイトルとURLをコピーしました