塚田僚一ボディビル大会出場で筋肉変化がすごい!以前との比較画像!




塚田僚一 タレント
スポンサーリンク

A.B.C-Zの塚田僚一さんが、ボディビル大会へ出場するため

8ヵ月の過酷トレーニングを経て筋肉が激変していると話題です。

塚田さんはもともとジャニーズの中でも随一の筋肉の持ち主でしたが、

今回の筋トレにより完成度が増しているようです。

過去の筋肉と現在の筋肉を比較して

その変化やトレーニング方法を見ていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【画像】塚田僚一がボディビル大会へ出場で筋肉増強!

A.B.C-Zの塚田僚一さんが、 ボディビル大会優勝を目指す番組企画に挑戦中です。

現在の塚田僚一さんの筋肉がこちら。

塚田僚一
出典:THE FIRST TIMES

一瞬誰かわらかないほど仕上がっていますね。

塚田さんは、大会に向けて8ヵ月にわたり過酷なトレーニングに励んできたようです。

塚田僚一
塚田僚一
塚田僚一
塚田僚一

背中もすごいですね!

スポンサーリンク

トレーニング前との比較画像!

それでは、トレーニング前の筋肉と現在の変化を見ていきましょう。

以前のお顔は色白で筋肉質ながらも若干の膨らみ(お肉)はあります。

塚田僚一
出典:Johnny’s net

一方現在は、より一層引き締まり、色も黒くなっています。

塚田僚一

デビュー当時から美しい筋肉をしている塚田さん。

塚田僚一

しかしやはり痩せ型というか細さはありますね。

いや、十分すごいんですけど。

それが現在ではこうですからね。

ウエストの引き締まり具合と

シックスパックがすごいですね。

何より、血管が浮き出て皮膚が水分抜けた感じでぱつっとしているのが

いかにもボディビルダーという印象です。

ここまで仕上げられるなんて凄すぎます。

塚田僚一の筋トレ方法は?

塚田僚一さんはどうやってここまで体を仕上げたのでしょうか。

背中・肩・胸を重点的に鍛えるだけでなく、食事制限にも取り組んだようです。

もともと体を鍛えることが大好きな塚田さんは、日頃からトレーニングは欠かさず、

『SASUKE』にも出演するようなアスリートジャニーズです。

オリンピックも目指していた?

塚田僚一さんは5歳のときから中学生になる前まで器械体操をやっていました。

オリンピックで金メダルを目指すほど猛練習をしていたようです。

そのため、今の身のこなし、運動神経があるわけですね。

スポンサーリンク

日頃のトレーニングメニュー

以前のトレーニングメニューは、

・腹筋100回
・懸垂15回×2セット
・8kgの鉄アレイで腕の曲げ伸ばし20回×2セット
・ランニング

・ダンスレッスンなどの有酸素運動

です。

しかし、これだけでは思うように筋肉が大きくならなかったようです。

10キロの減量

現在は、専門の先生に習いながら

効果的に筋肉を大きくし、魅せる体にするためのトレーニング

を行なっているようです。

大会に向けてトレーニングを始めたばかりの頃は、

せっかくの付けた筋肉が脂肪に埋もれないようにあと10㎏減量が必要と言われていました。

とことん脂肪を減らすことが大切のようですね。

スポンサーリンク

専門トレーニング

また、大会では肩の張り出しや背中の広がりといったところが重要なポイントのようです。

そのため普段の筋トレではなく、大会専門のトレーニングが必要です。

肩の筋肉を付ける

「スタンディングダンベルサイドレイズ」

や背中の広背筋大円筋を鍛える

「ワイドグリップチンニング」

など。

さらに懸垂も。

もともと好きな筋トレを専門の先生の指導によってさらに効率的に鍛えていったようですね。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント
気になるet cetera
タイトルとURLをコピーしました