大原優乃って一体何者?元Dream5メンバーでグラビアアイドルの女優!ドラマ主演決定『−50kgのシンデレラ』

タレント

グラビアアイドルで女優の大原優乃(おおはら ゆうの)さんが、2022年8月から動画配信サービスparaviで配信されるオリジナルドラマ『−50kgのシンデレラ』の主演を務めることが決まりました!

大原さんといえば天てれから生まれたダンスボーカルユニット「Dream5」の元メンバーでその後はイメージを一新してグラビアアイドルへ転身!

そして今回の女優業など、さまざまな活動をされていますね。

結局大原さんって何者なの?

この記事では、そんな大原さんの子ども時代からの経歴や現在の活動内容などをまとめています。

魅力がたくさんある方ですのでぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

大原優乃って何者?

プロフィール

出典:avex

大原優乃(おおはら・ゆうの)
生年月日:1999年10月8日(22歳)
出身地:鹿児島県
身長:154cm
血液型:A型
学歴: 神村学園高等部卒業

グラビアアイドル

小動物のような可愛らしいお顔でありながら豊満ボディをもつ大原さんは今はグラビアアイドルとして注目されることが多いですよね。

そんな彼女のスリーサイズは公表されていませんが、推定B89-W60-H86だとファンの間では数値化されていました。

詳細な数値は分かりませんが、カップ数は公開されていて、Fカップだということがわかっています。

たわわに実ったバストにキュッと引き締まったウエストのメリハリボディは男性だけでなく女性も憧れますよね!

何と言っても健康的な印象で変にいやらしくなくていいですね!

このマシュマロボディでこれまで数々の有名雑誌の表紙を飾ってきました。

大原さんはユーチューバーとしても活動されていて、自身のグラビアの仕事の密着動画などもあげられています。

意外だったのが声がめちゃめちゃ高いということ。

笑い声とかホイッスルボイスかと思いました(笑)

Dream5に属していたころは他のメンバーとの調和が取れないと考え、自己紹介の際にわざと低めの声を使うこともあったこそうで、本人は結構気にしていたんですね。

それはさておきどうしてもグラビアというと少し恥ずかしいイメージがあったのですが、大原さんの動画を見て、なんだか和気あいあいとした現場で楽しそうだなと思いました。

そして、いろいろ試行錯誤しながらどうすればより良く見えるか試す姿は真剣でかっこいいなとも感じましたね!

スポンサーリンク

Dream5

そんな大原さんの芸能界デビューは2009年、当時10歳の時です。

NHK教育番組『天才てれびくんMAX』が、てれび戦士で歌姫だったエイベックス系列事務所所属の重本ことりさんを中心としたダンスボーカルユニットを立ち上げるためのオーディションを開催。

大原さんはこれに挑戦し、見事オーディションを勝ち抜き、この企画のユニット「Dream5」のダンス担当メンバーに選ばれました。

その年の11月にDream5は「I don‘t obey~僕らのプライド~」でCDデビューし、これをもって大原さんは芸能界デビューしました。

かっこいいですよね!

その後、Dream5の名を世に知らしめることになったのが、人気アニメ妖怪ウォッチのエンディング曲として発売された「ようかい体操第一(2014年)」です。

こどもでも踊れる可愛らしい振り付けは社会現象にもなりました。

こうして、Dream5は一躍時のグループとなり、レコード大賞・紅白歌合戦への出演も成し遂げます。

凄すぎます!

しかし、その後2016年4月30日にメンバーの一人、玉川桃奈さんがユニットを卒業・芸能界を引退

4人体制となった2016年5月以降も活動を続けますが、ブームが過ぎてしまったのかグループとしての仕事はほとんどなく、メンバーはそれぞれ個別で活動をすることになりました。

そして2016年12月31日をもって従来メンバーでの活動を終了することが発表さ、Dream5は解散となりました。

私も天てれを見ていた人間として、Dream5は本当に成功例だったし、歌もダンスも素敵だったので応援していました。

解散は残念でしたが、子ども時代の一つの夢物語だったような気もしますから、儚く消えるのも素敵なのかなとも感じますね。

ちなみに私はこの曲が好きでした!(Dream5 / 僕らのナツ!!)

それにしても気になったのがこの時は今のような大きな胸ではなかったのかということですよね。

確かに映像を見る限り特に胸は目立っていませんし、急にグラビアデビューして、

「え?!こんなに胸大きかったの?」

と驚いたものです。

しかし実際は当時から大きかったようで、Dream5のメンバーとして活動していたときは、子ども向け番組であることを考慮して晒(さらし)を巻いて目立たないようにしていたそうです。

なんとも涙ぐましい努力。

私は一生そんなこと心配する必要はありませんが・・・。

モデル

Dream5の活動と並行してモデルのお仕事もされていた大原さん。

2013年から2015年まで雑誌『ピチレモン』の専属モデルを、Dream5活動終了後の2016年から2017年までは雑誌『ラブベリー』の専属モデルをされていました。

しかし、雑誌が休刊となり、仕事がなくなってしまった大原さんはピンチを迎えますが、その後、2017年に週刊プレイボーイでグラビアデビューすると瞬く間にブレイクし見事復活。

太陽のような弾ける笑顔とFカップの強みをいかしてグラビア界のアイドルとなりました。

明るいイメージの強い大原さんですが、実はかなり自己肯定感が低く、自分に自信がないタイプだそうです。

そのため当初は水着の撮影なども自信がなかったようですが、そこは真面目で努力家の大原さん。

トレーニングなどもして自分のボディに自信を持てるように努力されているようです。

また、グラビアアイドルの浅川梨奈(あさかわ・なな)さんを尊敬していて、グラビアで活躍できるのは彼女の存在があったからと公言しているようです。

出典:avex

周りの人の支えもあって今の大原さんがあるのですね。

女優

グラビアデビューと同時期に女優としても活動し始めた大原さん。

主な出演作はこちら。

  • 99.9-刑事専門弁護士- SEASON II 第5話 ダンサー 役
  • 3年A組 今から皆さんは、人質です 辻本佑香 役
  • ゆるキャン△ 各務原なでしこ 役

芸能界で生き残るためにはマルチな才能が必要と考えたのでしょうね。

そのため、さまざまな業種に挑戦されているようです。

そのため、ダンサーであり、モデルであり、グラビアアイドルであり女優でもあるという今の大原優乃が生まれたのですね。

そして2022年8月からは人気漫画原作ドラマ『−50kgのシンデレラ』のヒロイン役が決定しています。

大原さんの演技は私は見たことがないので見てみようと思います!

楽しみです!

スポンサーリンク

大原優乃の経歴まとめ

いかがでしたか?

今はグラビアアイドルとしての活躍が目覚ましい大原優乃さんですが、10歳で天てれのオーディションに合格し、ダンスボーカルユニットDream5として芸能界デビュー。

その後、紅白に出場するなど社会現象を巻き起こし注目されるも、グループ解散、モデル雑誌の休刊などさまざまな苦悩もあったけど、芸能界で生き残るため、自身の美ボディをいかしたグラビアのお仕事や女優業にも取り組まれマルチな才能を発揮されています。

今回大原さんの経歴を調べてみて、大原優乃さんは魅力いっぱいの方だなと感じました。

これからも可愛くて努力家な大原さんを応援していきたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント
etoをフォローする
気になるet cetera

コメント

タイトルとURLをコピーしました