【顔写真】北口榛花の家族構成は?父親はパティシエで母親はバスケ選手! | 気になるet cetera

【顔写真】北口榛花の家族構成は?父親はパティシエで母親はバスケ選手!

アフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

2023年8月25日、

ハンガリーのブダペストで開催されている

世界陸上の女子やり投げで、

日本代表の北口榛花さんが金メダルを獲得しました。

北口さんがインタビューを受けた際に

ペラペラのチェコ語で対応している姿が印象的でした。

北口さんがチェコ語を話せる理由

コーチやハーフの噂両親がどんな人なのかを

ご紹介していきます。

スポンサーリンク

北口榛花のプロフィール!ハーフ?

北口榛花のプロフィール

北口榛花
出典:THE DIGEST

名前:北口 榛花(きたぐち はるか)

生年月日:1998年3月16日

年齢:25歳(2023年8月現在)

出身:北海道旭川市

身長:179cm

体重:86kg

小学校:北海道教育大学附属旭川小学校

中学校:北海道教育大学附属旭川中学校

高校:北海道旭川東高等学校

大学:日本大学

3歳で水泳を始めた北口さんは、

小学生のときに全国バトミントン選手権団体優勝

中学生まで競泳とバドミントンに徹していましたが、

高校に入り、

陸上部の顧問に誘われたことがきっかけで陸上競技を始めました。

やり投げを始めて2ヶ月で北海道大会を制覇した北口さんは、

高校2年生のときに

全国高等学校総合体育大会陸上競技大会にて

優勝しています。

北口榛花
出典:THE DIGEST

2015年7月、

17歳で世界ユース陸上競技選手権大会において

やり投げで金メダルを獲得しました。

以降、数々の大会にて記録を樹立し優勝を飾っています。

2020年4月、日本航空に入社。

2023年世界選手権にて金メダルを手にし、

2024年パリオリンピックの日本代表選手

に内定しました。

スポンサーリンク

北口榛花はハーフ?

北口榛花
出典:THE DIGEST

北口さんと言えば弾けるような笑顔が印象的ですが、

その爆発的な感情表現の仕方や、

179cmという高身長も相まって

ハーフではないかと噂されているようです。

確かに、「北口榛花」で検索すると

「ハーフ」のワードが出てきました。

しかし、

北口さんはハーフではありません。

2015年に

北口さん本人のX(前Twitter)で

以下のようなやり取りがあったようです。

実はハーフなんです。

しかしこのあと、

エイプリルフールのジョークだということがわかりました。

ハーフの噂は

ここからきているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

北口榛花の家族構成は?母親や父親はどんな人?

家族構成は?

北口榛花の家族

北口さんの家族構成は

・父親:幸平さん
・母親:規子さん

・榛花さん

の3人家族です。

パティシエの父親

北口榛花の父
出典:Sponichi Annex

名前:北口 幸平

身長:182cm

職業:アートホテル旭川の製菓料理長を務めるパティシエ

スポーツ経験:バスケットボール・バドミントン

今でもバスケットボールバドミントンを継続しているという

父・幸平さんが、

榛花さんの名前を決めました。

先に決まっていた「はるか」の漢字として

ヘーゼルナッツを表す「榛(はしばみ)」

選んだといいます。

北口榛花の父

娘が日本記録を更新した際には、

ヘーゼルナッツを使ったケーキ

お祝いしたのだとか。

今回やり投げで世界一に輝いた榛花さんに、

ケーキを作ってあげたいと話しているそうで

パティシエのお父さんらしいお祝いが素敵ですね。

スポンサーリンク

元バスケ選手の母親

名前:北口 規子

身長:172cm

職業:元バスケットボール選手

女子バスケの強豪、

共同石油(現ENEOS)でプレーしていたという

母・規子さん。

現在の母親の画像はありませんでしたが、

榛花さんがこのようなツイートをしていました。

北口 規子

幸平さん曰く、

妻も172センチでバスケ経験者。
だから、もともと榛花にもバスケをと思い、
体づくりのために幼少期から水泳をさせました。

引用:日刊ゲンダイDIGITAL

当初は両親ともに経験のあるバスケットボールを

させようとしていたそうですね。

北口榛花
出典:THE DIGEST

小学6年生で170cmはあったという

榛花さんの現在の身長は179cm

紛れもなく両親から受け継いだものでしょう。

スポンサーリンク

北口榛花がチェコ語を話せるのはなぜ?

【動画】チェコ語を話せるのはコーチのおかげ?

北口榛花
出典:THE DIGEST

北口榛花さんが

流暢にチェコ語を話す様子が話題です。

北口さんがチェコ語を話せるのは

コーチである

デイビッド・セケラックさんが

チェコ人だからです。

指導を理解するために猛勉強したそうですよ。

スポンサーリンク

北口榛花がコーチと出会った経緯

北口榛花とコーチ
出典:月陸Online

2018年11月、

フィンランドでやり投げの世界の指導者や選手が集まり、

意見交換する場が設けられました。

それに参加していた北口さんは

チェコでジュニア世代を指導していたセケラックさん

に出会います。

榛花は15年の世界ユース選手権で優勝していたので、『君のことを知っているよ』と言われたそうです。そこで、指導者がいないことを話すと、その3カ月後に大学の春休みを利用して単身でチェコに飛びました(父・幸平さん)

引用:日刊ゲンダイDIGITAL

セケラックさんの指導方法に興味を持った

北口さんはメール等でセケラックさんに直接交渉を繰り返し、

その熱意が通じ、指導を受けることになりました。

「まさかチェコで練習したいと連絡してくるとは、当時は思いませんでした」

とセケラックコーチ。

北口さんのこの行動力は、

金メダルを獲得できた理由の一つかもしれませんね。

スポンサーリンク

茶目っ気たっぷりなコーチ

ケセラックコーチ
出典:日本オリンピック委員会

2023年の世界陸上では、

デイビッド・セケラックコーチのお茶目な姿も

話題になっています。

セケラックコーチが

試合直後のインタビューで勝因を問われた際に

「ハイチュウ、2タイムス」

と回答。

SNSでは「ハイチュウ2個」がトレンド入りしました。

ハイチュウ
出典:MORINAGA

そんななか、

北口さんが「2タイムス」は

「2粒ではなく、2パック」

だと真相を明かしたのです。

コーチはストレスを感じるとハイチュウを食べるそう。

「昨日も、もどかしさからすごいスピードで

 ハイチュウを食べていたんだと思います」

次はオリンピックの舞台で、

コーチがハイチュウを食べる姿が見られるかもしれませんね。

スポンサーリンク

北口榛花のチェコ語を話せる理由や家族構成・コーチまとめ

バスケットボール経験のあるパティシエの父と

元バスケットボール選手の母の間に生まれた

北口榛花さんは、世界陸上のやり投げで金メダルを獲得しました。

過去のTwitterでのやり取りや、

豊かな感情表現、179cmの高身長からハーフの噂が

立っているようですが、

実際にはハーフではありません。

榛花さんの名前は、父親により

ヘーゼルナッツを表す「榛」を使用し

名付けられました。

北口さんは2018年にフィンランドの講習会

チェコ人のデイビット・セケラックコーチと出会い、

指導を受け続けるために

チェコ語を学んでいます。

オリンピックの日本代表の鍵を掴んだ北口さん。

今後もハイチュウ好きなセケラックコーチとの

タッグで活躍する姿を見せてほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題
気になるet cetera