【特定】大原櫻子の彼氏のプロデューサーは誰?ビクターのバツイチイケメン! | 気になるet cetera

【特定】大原櫻子の彼氏のプロデューサーは誰?ビクターのバツイチイケメン!

アフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

歌手で女優の大原櫻子さんといえば

新人女優賞やレコード大賞の新人賞を

受賞するなど素晴らしい活躍を

とげてきましたが、先日

週刊文春でプロデューサーとの

熱愛が報じられました。

お相手はどんな人なのでしょうか。

調べたところビクターのバツイチイケメンの可能性が高いことがわかりました。

詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

大原櫻子の熱愛報道とは?彼氏はどんな人?

2024年2月7日の週刊文春で

大原櫻子さんと大手プロデューサーとの

熱愛報道がありました。

大原櫻子
出典:文春

週刊誌によると

この、大原さんの彼氏とされるA氏は

大原櫻子さん自身が所属するレーベルの

担当プロデューサーであり

白昼堂々、ツーリングデートを楽しみながら

ハグをしたりと、どこから見ても恋人同士のようだ

報じられています。

大原櫻子
出典:文春

しかし、ここで問題とされているのが

恋人とされるA氏には前妻がおり

離婚前の婚姻中から大原さんと交際し

大原さんもそれを知ったうえで不倫・略奪

報じられてしまっているのです。

大原櫻子
出典:文春

しかし、

プロデューサーは交際そのものを否定している

ので、不倫や略奪の事実はないようです。

確かに画像を見る限り、バイクに乗る姿は

しっかりと後ろからハグはしていますが、

バイクで走行中はしっかりつかまらないと

危険ですし親しい友人であれば

許容範囲内ではあるかもしれません。

スポンサーリンク

大原櫻子の彼氏の馴れ初めは?

大原さんとプロデューサーA氏の馴れ初めは、

大原さんの担当プロデューサーだったということで

仕事でのお付き合いのようです。

週刊誌報道をまとめると以下のようになります。

  • 2022年8月前後
    大原さんの担当がプロデューサーA氏になる
  • 2023年初め
    大原さんとプロデューサーA氏が親密交際
  • 2023年7月
    プロデューサーAが離婚協議を開始
  • 2023年11月
    プロデューサーA氏の離婚が成立
  • 2024年2月
    親密交際と週刊誌に報じられる

大原さんとプロデューサーA氏の交際が

事実だとすると、

約10カ月ほど不倫関係であった可能性があります。

さらに、

大原さんとの関係が原因での離婚であれば

略奪ということになってしまいますよね。

大原さんは

過去にも元暴露系ユーチューバーのガーシー氏に

二股を暴露されたことがあるようです。

過去にもガーシー砲によって二股を暴露されていた!

ガーシー砲際の際には、

大原さんサイドは

これについて否定していたようですが

今回の文春砲では、大原さんの事務所は

否定も肯定もしていないようです。

ただ、

今回プロデューサーA氏は大原さんとの交際は否定していますので

不倫や略奪の事実はないということなのでしょう。

スポンサーリンク

大原櫻子の彼氏と噂のプロデューサーは誰?

現在、報じられているプロデューサーA氏の

情報は以下の物になります。

  • 「ビクターエンタテインメント」の売れっ子プロデューサー
  • 髭とメガネが似合う高身長イケメン
  • 大原櫻子さん(28歳)より13歳年上の41歳
  • 楽曲制作やライブに同行する場合もある
  • 多くの男性アイドルやVtuberをプロデュースしている

A氏は一般人ですしビクターといえば

業界大手でありプロデューサーも沢山いるので

写真や名前の特定に至るものは

見つかりませんでしたが、これらの特徴から

すでに3名の名が挙がっているようで

会社内では特定されていると思われます。

また、A氏は

A氏
A氏

担当しているのが一昨年くらいからで、親密にしているとかはない。友人の一人で、飲みに行ったりとかはもちろんしている。ご飯に2人で行くなど

と、しどろもどろになりながら答えたそうです。

離婚の理由は、夫婦間の問題としていますが

詳細は不明です。

スポンサーリンク

世間の反応は?

大原櫻子さんとプロデューサーA氏の

不倫報道に対して

ネット上では様々な声が上がっています。

Twitter

大原さんの熱愛を悲しむ声や心配の声もありますが、

事実ではないとプロデューサーも言っていますし、

その言葉を信じましょう!

今後の大原櫻子さんの活動を

見守っていきたいですね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題
気になるet cetera

コメント