【5選】山田邦子の現在の年収・収入源は?若い頃の最高月収は1億円!なぜすごい? | 気になるet cetera

【5選】山田邦子の現在の年収・収入源は?若い頃の最高月収は1億円!なぜすごい?

アフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

90年代に伝説の女芸人として活躍し、

2022年からM-1グランプリの審査員も務める山田邦子さん。

ピーク時の最高月収は1億円と言われています。

そんな一時代を築いた山田邦子さんの

現在の年収はいくらなのでしょうか?

また山田さんの収入源についても調べました。

スポンサーリンク

山田邦子の若い頃の最高月収は1億円!なぜそんなにすごい?

出典:お笑いナタリー

もともと西城秀樹さんのモノマネで

オーディション番組に出演し、芸人となった山田邦子さん

その強烈なキャラクターと抜群のトーク力で

一気に芸能界を駆け上がっていきました。

一番多いときでは、

週に14本のレギュラー番組を抱えていたそうです。

また好きなタレントランキングでは8年連続一位に輝くなど、

とてつもない人気があったようです。

出典:コーラボーイ

テレビ番組での活躍だけではなく、

CDデビューや作家デビューも果たしていて、

何をしても売れる状態だったようです。

山田さんは当時について、

最高月収は1億円だった

と話しています。

しかも当時は現金手渡しですから、

紙袋に1億円が入っていたようですよ。

出典:週刊女性PRIME

月に1億円を稼ぐほどのタレントだった

山田邦子さんですが一体何がすごかったのでしょうか?

山田さんが活躍したのは、1980年代~1990年代です。

当時は女性のお笑いをすることが一般的ではなく、

完全に男性社会だったため、

山田さんのような存在は珍しく多くの番組で起用されたようです。

番組でもどんな相手でも臆せず、

歯に衣着せぬ発言をする姿が大ウケし人気を獲得していったようです。

今でいうフワちゃんみたいな感じだったと

山田さん本人も振り返っています。

無礼な奴だと言われたこともあったそうですが、

明石家さんまさん、タモリさん、ビートたけしさん

大物が気に入ってくれたそうで、

テレビで活躍できた大きな要因のひとつかもしれませんね。

スポンサーリンク

山田邦子の現在の年収は?

出典:スポニチアネックス

山田邦子さんの現在の年収

1000万円ほどではないでしょうか?

宮迫博之さんのYouTubeに出演した際に、

宮迫さんから

「もう働かなくていいでしょ?」

と聞かれた山田邦子さんは、

「なんか貧乏性だから仕事しちゃうよね」

と発言していることから

何らかの不労所得があるとみられます。

かつて不動産会社を立ち上げた経緯もあるため(現在は倒産)

前述の1億円の月収があった時期に、

そのお金を元手に現在も収入を得ているかもしれませんね。

スポンサーリンク

【5選】山田邦子の収入源は?

M-1審査員などテレビ出演

出典:x

山田邦子さんは2022年から

M-1グランプリの審査員となり、

松本人志さんらと若手芸人の漫才を審査しています。

この審査員起用をきっかけに、

様々な番組にも出演するようになり、

再ブレイクを果たしているとまで言われています。

出典:なんでもいいよチャンネル
山田邦子
出典:x

ピーク時ほどではありませんが、

充実した芸能生活を送っているといえそうです。

YouTubeの広告収入

2020年2月にYouTubeチャンネルを開設

その広告収入も収入のひとつです。

登録者数は8万人ほどで、

そこまで多くはありませんが、

動画の再生回数は多いもので

200万回を超えるなどしています。

その内容は自慢のトーク力を生かしたものが多く、

視聴者からも面白いと評判のようです。

スポンサーリンク

浅草での寄席出演

出典:スポーツ報知

山田邦子さんは2020年ごろから、

寄席の舞台にも立ち始めていて、

「芸人」としての仕事も再開しています。

目の前のお客さんの前で、

ものまね漫談を披露し、

多くの人を笑顔にしているようです。

三味線講師

実は山田さんは2010年ごろから

「長唄杵勝会」という流派で10年以上稽古し、

2019年には杵屋勝之邦という名前を襲名しています。

歌舞伎座で演奏するなどしっかりとした実力をつけています

歌舞伎座で演奏するなどしっかりとした実力をつけています。

その腕前はYouTubeで披露していますが、

現在はレッスン講師を務め、

人に教えるということもしているようです。

スポンサーリンク

舞台公演

出典:日刊スポーツ

山田さんは年に一回のペースで、

「山田邦子の門」と題し、

自身が主催する舞台を行っています。

台本が覚えられなかったり、関節痛があったりと

年齢を感じることも多いようですが、

やりがいを感じながら舞台に立っているようです。

【中止理由】笑ってはいけない2023(2024) ガキの使いがない!もう復活もないのか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント
気になるet cetera

コメント