【画像33選】田中真美子の現役時代の成績は?バスケの評判まとめ | 気になるet cetera

【画像33選】田中真美子の現役時代の成績は?バスケの評判まとめ

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

田中真美子さんは、大谷翔平選手の妻として

世界的に有名になりましたね。

かつて、真美子さん自身も素晴らしい

バスケットボール女子選手で、

これまでに多くの成績を残し活躍しました。

今回は、2023年に惜しまれながら引退した真美子さんの

バスケの経歴現役時代の成績、

バスケに関する世間の評判についてお届けします。

スポンサーリンク

田中真美子のバスケの経歴は?

田中真美子
日刊スポーツ

田中真美子さんが、バスケットボールを始めたのは、

中学生になってからでした。

2歳年上の兄がバスケットボールを

していたことが発端です。

中学校は特に強豪校ではありませんでしたが、

真美子さんが入部してから都大会ベスト16

残るまでに成長を遂げました。

「バスケットの楽しさを知れたことが一番大きかったかな」

真美子さんは中学でのバスケ生活をそう語っています。

卒業後に進学した東京成徳大学高校での練習は、

厳しかったそうです。

バスケットボール名門校だったため、

朝は5時半の電車で通学し、帰宅は21時だったとか。

日曜も練習があったといいます。

そんな厳しい練習の甲斐あって、

3年生の時にはU-18日本代表に選ばれました。

「本当に厳しい3年間でしたが、みんながいたから乗り越えられました」

田中真美子
中日スポーツ

真美子さんは、その後早稲田大学に進みます。

「早稲田大では自分たちでやることが多くて、

自主性というか、自分たちで考える力や実行する力が身に付いた」

真美子さんが明かしています。

田中真美子
バスケットカウント
田中真美子
JBA

2017年、ユニバーシアード大会で銀メダル

50年ぶりに獲得し、日本女子バスケに

歓喜をもたらしました。

また、2017年、2018年と真美子さんは

優秀選手賞に輝いています。

田中真美子
バスケットスピリット

そして2019年

実業団の富士通レッドウェーブに入団

同年、ユニバーシアードの日本代表メンバー

選抜されました。

2021、真美子さんは

「FIBA 3×3 Olympic Qualifying Tournament」で

女子日本代表のサポートメンバーとして帯同

しています。

そして2023年に引退し、

惜しまれながら選手生活を終わらせました。

スポンサーリンク

【画像21選】田中真美子の現役時代の成績は?

日本代表歴

田中真美子
バスケットカウント
田中真美子
デイリースポーツ

田中真美子さんが日本代表に選ばれたのは、

2014年 U-17アジアカップ

2017年 ユニバーシアード

2019年 ユニバーシアード

FIBA3×3Olympic Qualifying Tournament 2021(予備選手)

でした。

田中真美子
JBA
田中真美子
バスケットカウント
スポンサーリンク

戦績

田中真美子
バスケットスピリット
田中真美子

田中真美子さんの戦績について、主なものは

2014年 U-18 アジア杯準優勝

2014年IH・WCベスト8

2017年 Wリーグ準優勝

です。

田中真美子
バスケットスピリット
田中真美子
JBA
スポンサーリンク

2022-2023のスタッツ

田中真美子
日刊スポーツ
田中真美子
富士通レッドウェーブ
田中真美子
富士通レッドウェーブ

田中真美子さんの富士通レッドウェーブでの

2022-23年度における戦績と成績は、

16勝10敗

です。

詳しく書くと、

G 26(出場ゲーム数)

GS 14(スタメン出場ゲーム数)

PPG 8.19(ポイントアベレージ)

RPG 6.38(リバウンド平均数)

APG 0.73(アシスト平均数)

BPG 0.96(ブロック平均数)

でした。

田中真美子
インスタグラム
田中真美子
富士通レッドウェーブ

シュート成功率については、

2P 47.2%(フィールドゴール成功率)

3P 26.58%(3ポイントゴール成功率)

FT 69.57%(フリースローゴール成功率)

です。

フリースローでは、5回シュートすれば

3回以上の確率でゴールを成功させて

いたのですね。

田中真美子
富士通レッドウェーブ
スポンサーリンク

田中真美子のバスケの評判まとめ

田中真美子
THE DIGEST

田中真美子さんのバスケ選手としての評判を

調べてみました。

X
X

好印象の内容が多いですね。

また、大谷翔平選手の妻との発表があってから、

メディアでも真美子さんのアスリートとしての

能力が賞賛されています。

田中真美子
バスケットボールキング

米ニュース専門局のCNNは真美子さんの事を

「彼女もまたトップアスリートだった」

と取り上げ、

米ポッドキャスト番組『WBC Central』の司会

ショーン・スプレッドリング記者は、

「マミコ・タナカ:どこが普通の日本人女性なんだよ!」

とXに書き込みました。

上記は大谷翔平選手が妻について

「いたって普通。普通の日本人です」

と語ったことへの言葉です。

田中真美子さんは、選手としても人としても

チームメイトから好かれていました。

田中真美子
富士通レッドウェーブ

そんな真美子さんは、

富士通レッドウェーブに入団してから

すぐに試合に出たり、プレイタイムを得ることが

できませんでした。

田中真美子
インスタグラム

しかし努力の成果があって

試合への出場回数が増え、

「バスケが楽しくなった」

と明かしていたそうです。

にもかかわらず、2023年に引退してしまいます。

真美子さんのファンからは寂しいと声があがって

いたようです。

田中真美子
富士通レッドウェーブ

そして、2024年3月15日に真美子さんが

大谷翔平選手の妻であると報道されました。

田中真美子と大谷翔平
スポニチSponichiAnnex

真美子さんについては

お祝いの書き込みで多数投稿されていました。

X

真美子さんと大谷選手の報道で

女子バスケに興味を持つ人が現れたのは

とても良かったな、と思います。

今回調査するなかで、

真美子さんが素晴らしい精神を持ち、

元女子バスケットボール選手としての足跡を

残したことがわかりました。

元チームメイトからも慕われている真美子さんは、

本当に素敵な女性ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題
気になるet cetera

コメント