【顔写真】相沢友子のwikiプロフ!元歌手だった!脚本作品まとめ! | 気になるet cetera

【顔写真】相沢友子のwikiプロフ!元歌手だった!脚本作品まとめ!

アフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

連続ドラマ『セクシー田中さん』などの

脚本を手がけた人気脚本家の相沢友子さん。

美人で仕事もできるということで

超売れっ子ですが、

どんな経歴をお持ちなのでしょうか。

なんと元歌手だったそうです!

相沢友子さんのプロフィールや脚本作品をまとめました。

スポンサーリンク

【顔写真】相沢友子のwikiプロフィール

相沢友子
  • 名前:相沢友子(あいざわともこ)
  • 生年月日:1971年5月10日
  • 年齢:52歳(2024年1月現在)
  • 出身地:東京都練馬区
  • 職業:脚本家

相沢友子さんは、

脚本家で、元シンガーソングライターです。

相沢友子

52歳でこの美しさはすごいですね!

1999年に小説「cover」

第15回太宰治賞に入賞。

2000年に

「世にも奇妙な物語2000春の特別編・記憶リセット」

で脚本家デビューしました。

↓相沢さんの学歴についてはこちらの記事をご覧ください!

スポンサーリンク

相沢友子は元シンガーソングライター

相沢友子

相沢友子さんは脚本家よりも先に

シンガーソングライターとして活躍していました。

高校在学中に

文化放送でコンサート・リポーターを務め、

詞を書いていたところ

ソニーミュージックのスタッフに歌うことを勧められ、

1991年3月、19歳の時

シングル「Discolor days」で歌手デビュー

しています。

相沢友子

ホリプロに所属し女優としても活動しながら

6枚のシングルと4枚のアルバムを発表しました。

その後、フリーとなってホリプロ時代のマネージャーから

小説を書いて賞を狙ってみては?

と勧められ

1999年に第15回太宰治賞の最終候補作に

小説『COVER』がノミネートされました。

スポンサーリンク

相沢友子の脚本作品まとめ

相沢友子

相沢友子さんが脚本を手がけた作品は、

  • 最新作/映画『ミステリと言う勿れ』
  • 連続ドラマ『セクシー田中さん』
  • 『恋ノチカラ』
  • 『鹿男あをによし』
  • 『鍵のかかった部屋』
  • 『僕だけが17歳の世界で』
  • 『トレース』
  • 『重力ピエロ』
  • 『プリンセス・トヨトミ』
  • 『脳内ポイズンベリー』
  • 『本能寺ホテル』
  • 『人は見た目が100パーセント』
  • 『私の青おに』
  • 『紅雲町珈琲屋こよみ』
  • 『女と男の熱帯』
  • 『ギルティ』
  • 『東京島』
  • 『LOVE=Platinum 恋愛パズル』
  • 『大停電の夜に』
  • 『ビブリア古書堂の事件手帖』
  • NHKスペシャル「龍馬最後の30日」BSプレミアム「龍馬の遺言」

他多数。

セクシー田中さん

人気作品を多く手がけているんですね!

歌手や女優を経て

売れっ子脚本家として成功しているようです!

【家族構成】相沢友子の夫や子供は?
【ブログ全文】芦原妃名子のTwitterの内容は?
【遺書の内容】芦原妃名子の自殺理由は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント
気になるet cetera

コメント